泥の山からたくさんの宝を

da 12 giorni | nac news | Nel gruppo Japan (English)

日常生活における信仰は、岩山にある金(きん)の鉱脈にたとえることができます。金を掘る前に、大量の岩を除去しなければなりません。この作業は、労力をかける価値があります。その理由を、オーストラリアのピーター・シュルテ教区使徒が解説してくれました。

採掘業界で剥土比(はくどひ)とは、鉱床を覆っている表土*の量の割合を意味します。金の採掘業者は、金よりもはるかに多い土を除去しますが、彼らのことを泥の採掘業者とは呼びません。金の採掘業者と呼ばれるのは、彼らの求めるものが金だからです。

金とは富のこと

金以外の物にも価値はあります。金を採掘している時に、価値の高い他の鉱脈が見つかることもあります。そうした鉱脈は廃棄せず、抽出してそれが持つ価値によって売却します。とはいえその鉱脈を抽出するかどうかは、その場所で見つかる金によって決定されます。「金の採掘業者」として認知されている人が金を探している時に、取り除いている「土」の中から価値の高い鉱脈が見つかったら、うれしいですし、ありがたいと思います。

私たちの信仰生活も同じ部分があります。毎日祈りを献げ、しばしば偉大な神様のことを思い、自分がキリスト者であることを告白し、定期的に礼拝の中で神様を崇め、そして賛美します。私たちの信仰は24時間365日の務めであっても、日常生活のことで多くの時間を使っています。子どもたちは学校で、若者は勉強や運動やキャリア取得で忙しいですし、もっと年を重ねると生活や家族の世話や家計のことでかかりきりになります。そうしたことが、多くの手間や時間を必要とします。もちろんこれらのことも非常に価値があります。

2019年の標語である「キリストにあって豊か」について考えると、私たちにとっての金は、私たちの再生にあり、救い主イエス・キリストによる救いの提供にあることがわかります。そして、日常生活の中でキリストがくださるたくさんの賜物の中に、高い価値の鉱脈があります。

日常生活の中でキリストの支援や祝福をいただきたいと思って、神様やキリストの近くにとどまるだけでなく、キリストの救いに秘められている金を見つけられるように、熱心にキリストに従い続けましょう。私たちの喜びは、キリストの豊かさにあります。救いという金もあれば、日常生活における神様の御臨在によって発見される貴重な鉱床もあるのです。

(9月2日ナックトゥデイより)

*表土…採掘しようとしている鉱石を採取するのに取り除くべき土や廃棄物。

Traduzione automatica