Don’t give up on the promise

2 months ago | nac news | in the group Japan (English)

Don’t give up on the promise

諦めないで

 

Can people forget the training and education they have had? It seems impossible. What about their faith? Chief Apostle Jean-Luc Schneider reminds us of our calling, the promise, and our duty.

訓練されたこと、教育されたことを、忘れられるでしょうか。忘れられないと思います。信仰についてはどうでしょうか。私たちに与えられている召命、約束、務めを、シュナイダー主使徒が私たちに再確認しております。

昨年9月18日、フランスのメルルバックで司式した礼拝の中で、主使徒は次のように説いております。

“Pass this promise on, pass this calling on. Don’t give up!” Chief Apostle Schneider appealed to the congregation in Merlebach (France) on Sunday, 16 September. “If we remain faithful to Jesus Christ, He will bless us and make us a source of blessing. It is our heartfelt desire to pass His promise on to future generations.”

「この約束を伝えて下さい。この召命を継承して下さい。諦めてはいけません。イエス・キリストに忠実であり続けるならば、イエス様は私たちを祝福し、さらに祝福の源として下さるでしょう。イエス様の約束を、次の世代に継承すること。これは私たちにとって、心からの願いです。」

The Chief Apostle based his sermon on Genesis 12: 1–2: “Get out of your country, from your family and from your father’s house, to a land that I will show you. I will make you a great nation; I will bless you and make your name great; and you shall be a blessing.”

主使徒はこの礼拝で、創世記12章1~2節に基づいて説教を行いました。聖句は次の通りです、「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。」

Over the centuries, people have passed God’s promise on to others. “And today, in 2018, we consider giving up simply because things have become a little difficult or inconvenient!? Because that’s what it is: it is merely inconvenient, but not unbearable. And we would just give up? That would be inconceivable.”

何百年にもわたって、人々は、神様の約束を語り継いできました。「さて、2018年の今、少しばかり状況が難しくなってきただけで、厳しくなってきただけで、諦めることを考えるのですか?そう、耐えられないほどではないが、少しばかり厳しいという理由だけで、私たちは諦めるのでしょうか?諦めるなんて、考えられません。」

 

 

Automatic translation