News

神の御国は未来だけでなく、こんにちも実現している

「イエス様は教会をお治めになります。ですから自分が国王のような行動をしないように心がけましょう。」サント・ドミンゴで行われた礼拝で、主使徒が強調して述べた言葉です。これはどういうことでしょうか…。

イスパニョーラ島は、大アンティル諸島として知られる、カリブ海群島の一つです。この地域ではキューバ島に次いで大きな島です。この島は、東をドミニカ共和国、西をハイチという二つの独立国家によって、分割して統治されています。ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は2019年6月22日土曜日、ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴで礼拝を司式しました。ドミニカ全土の教会員がこの礼拝の招待を受けました。主使徒は基調聖句として次の言葉を引用しました。「御国が来ますように」(ルカ11:2)。

主イエスが弟子たちと祈っておられると、彼らは何か特別なことが起きていることを感じました。そこで弟子たちはイエス様に、祈り方を教えて…


2 days ago | nac news in Japan (English)

多様性という豊かさ

コンゴ民主共和国のチチ・チセケディ教区使徒は、今年の標語に関する彼の所見の中で、いろいろな賜物や才能について、その多様性を尊重するよう呼びかけています。違いとして見るのではないのです…。

目の前にいる二人の人物について説明するよう求められた時、二人の共通点より相違点のほうにすぐ目が行きがちです。これは人間によくあることです。

今年のペンテコステにおいて、主使徒は、聖霊が私たちに働きかけようとしておられる、と説きました。私は、聖霊の働きかけに与れるための提案をしようと思います。それは、隣人や、叙任された教役者や、教会に対する認識を変えることです。

隣人との意見の違いや、教役者間の考え方などの違いや、教会に見られる多様性をあぶり出すのではなく、互いに相違点があることをいつも理解しつつ、私たちすべてが共通に持っていることに集中したいと思います。

イエス様は私たちのありのままを受け入れてくださいました。同…


12 days ago | nac news in Japan (English)

信仰は表面的でなく、奥深い

説明できず、触れることもできず、見ることもできないものが存在する、と公言できるでしょうか。そういうものの存在に反対する理由もたくさんありますが、信仰によるならば、存在し得るのです。

ドイツのブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルとその周辺に住む約七千名の信徒が、2019年5月26日(日)に行われたジャン=ルーク・シュナイダー主使徒司式の礼拝に参加しました。ヨハネによる福音書20章28~29節が基調聖句とされました。「トマスは答えて、『私の主、私の神よ』と言った。イエスはトマスに言われた。『私を見たから信じたのか。見ないで信じる人は、幸いである。』」

トマスも、ほかの弟子たちと同じように、イエス様の復活を宣教した人々の証しを信じませんでした。彼は信じるに足る証拠を欲しがりました。イエス様がトマスの前に姿を現されると、彼は「私の主、私の神よ」と言って、喜びました。イエス様は生きておられ、御自身の…


14 days ago | nac news in Japan (English)

キリスト者はキリスト者として「行動」しよう!

見目(みめ)より心ということわざがあります。これがキリスト教の信仰とどう関係しているのでしょうか。実はとても密接に関係しているのです。結局、キリスト者らしく行動する人だけが、本当のキリスト者なのです。この記事では、八月の日曜礼拝のテーマについて取り上げます。

あなたはどんな人ですか。どんな人になりたいですか。人はあなたについてどう思っていますか。これらの質問は経営者向けの自己発見セミナーから抜粋したわけではありません。実は聖書の言葉なのです。すでにイエス・キリストは、偽善や自己欺瞞に対して警鐘を鳴らしておられました。ところが私たち人間は皆、正体を隠すことに幸福感を覚えます。自分の本当の姿を見せることに恐れを感じるのです。自分の欠点を修正してこなかったことについて、恥ずかしいと思ったり、罪の意識を感じたりする人がいる一方で、大いに喜び楽しみ――実際に思っているより派手に笑う人がいます。現代の曲…


2 weeks ago | nac news in Japan (English)

使徒職が存在すべき七つの理由

実際のところ、こんにちいる使徒職には、どのような職務があるのでしょうか。彼らにはどのようなことが求められているのか、何を宣教することが求められているのか、などいろいろな問い合わせを受けることがよくあります。ここではそれらに対する答えをいくつか取り上げます。

2019年5月19日の日曜日、ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、スウェーデンのストックホルムで礼拝を司式しました。基調聖句はコリントの信徒への手紙二1章24節です。「私たちはあなたがたの信仰を支配しようとする者ではなく、あなたがたの喜びのために協力する者です。あなたがたは信仰にしっかり立っているからです。」主使徒は会衆に向かって、この聖句の意味を、七つの点を挙げて具体的に説明しました。使徒が会衆の僕であることを明らかにしました。「神様の御業において、主はお一人しかおられません。それはイエス・キリストです。」使徒たちは福音を今の現実に合…


3 weeks ago | nac news in Japan (English)

新約聖書の遺産

制度、本質、権限――イエス・キリストは、教役職に野持つあらゆる要素の源であります。本当でしょうか。様々なにある教役職の階層についてはどうなのでしょうか。この問いに対する答えが、新約聖書に――少なくとも――三つあります。

明らかなことは、使徒職は、イエス・キリスト御自身が制定されたただ一つの教役職である、ということです。イエス様は弟子たちを御自分の周囲を囲ませて、教え、バプテスマを授け、聖餐を執り行う任務をお委ねになりました――そして罪の赦しを宣言する権限をお与えになりました。

キリストの代わりにメッセージを伝える

使徒職がどういうもので構成されているのか、新約聖書に非常に詳細に記述されています。すなわち使徒職とは、霊の職務、義の職務、和解の職務、キリストに代わる使者としての職務、そして神の秘義の管理者であります。

使徒職の持つ権限の一つに、解放したり束縛したりする権限があります。言い換えれば、ある…


3 weeks ago | nac news in Japan (English)

言いつくせない賜物のゆえに、神に感謝する

「キリストにあって豊か」は、いつもすぐはっきりわかるわけではありません。ミヒャエル・E・デップナー教区使徒は、物事の変化を、違った角度で見ることを奨励しています。

「どうして自分は新使徒教会員なのか。どうして自分は神の僕なのか。どうして日曜学校に通うのか。青年会に加わっているのか。聖歌隊にいるのか。」こういう実存的な問題に悩むことがよくあります。「声がきれいだからなのか。音楽が好きだからなのか。彼らが自分を必要としているからか。」いいえ、違います。兄弟姉妹の皆さん。これは恵みなのです。

恵みは、すばらしい、無限、筆舌に尽くしがたい、無類の、不思議な、驚くべき…と評されることがよくあります。恵みを歌った賛美歌もあります。コリントの信徒への手紙二9章14~15節で、使徒パウロは恵みを、言葉では言い尽くせない賜物、と表現しています。「言葉では言い尽くせない賜物のゆえに、神に感謝します。」

私たちが赦し…


3 weeks ago | nac news in Japan (English)

8月の礼拝予定

1日(木)         週中礼拝(20:00~多摩教会)

4日(日)         日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)※多摩教会は礼拝後、聖歌隊練習

8日(木)         週中礼拝(20:00~多摩教会)

11日(日)      日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)※多摩教会は礼拝後、清掃及び聖歌隊練習。

15日(木)      週中礼拝

18日(日)      日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)※多摩教会は礼拝後、お茶会

22日(木)      週中礼拝(20:00~多摩教会)

25日(日)      日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)

29日(木)       週中礼拝(20:00~多摩教会)


3 weeks ago | nac news in Japan (English)

サムエルの足跡を追う

白髪の人が祭壇の横に横たわっています。その人のところに、男の子が歩み寄ってきます。教会で何が行われているのでしょうか。これは、主使徒も出席した子ども礼拝の様子です。礼拝は、「非常に特殊な声を聞いて、それを理解する」というテーマで行われました。

2019年5月11日、南アフリカ・ケープタウンにあるラヴィスタウン教会に、2,500以上の子どもたちが、この特別礼拝に出席しました。礼拝の模様は、南アフリカ全土の子どもたち、両親、教役者、興味のある教会員向けに、国内すべての教会に生中継されました。

まずジャン=ルーク・シュナイダー主使徒がこう言いました「皆さんにあることをお話ししましょう。私たちは今、お祈りをしました――私たちみんなが一緒になって、お互いのために祈りを捧げました。」会衆が一つのところに集まれば、私たちはこう祈るのです。「どうか、兄弟姉妹の祈りを聞いてあげてください。今、たくさんの子どもた…


4 weeks ago | nac news in Japan (English)

イエス様は永遠の生命を提供される

イエス様はいつ助けてくださるのでしょうか。福音にはどういう目的があるのでしょうか。善い業とは、何にとって善い業なのでしょうか。こうしたことについては、たくさんの意見があり、中には間違っているものもあります。ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、本当に大切なことが何なのかを明確にしました。

2月中旬、主使徒はアメリカを訪問しました。そして、レナート・R・コルプ教区使徒の担当する地域の使徒と監督との会議を行い、10日(日)にはノースカロライナ州シャーロットで礼拝を司式しました。700名が直接参加し、アメリカ合衆国及び中南米の教会に生配信され、数千名が参加しました。この礼拝で主使徒は、42年にわたり職務を行ったラインハルト・ヘヒト使徒の引退式を行いました。42年の内、17年間は使徒として奉仕してきました。ロバート・C・ファーガソン教区伝道師が使徒の叙任を受けました。

主使徒は基調聖句として、ヨハネに…


3 months ago | nac news in Japan (English)

あきらめずに!

敬愛する兄弟姉妹の皆さん、

神様は私たちに約束をお与えになりました。祝福を約束してくださいました。この約束を認識し、他の人々にもこの約束を共有するよう努めましょう。

神様は、私たちが永遠の命を得るのに必要なものをくださいます。永遠に共にいさせていただけるチャンスを提供されます。祝福とは、神様の富であり、究極的には、神様と永遠に交わることであります。

神様が何かをお与えになるのは、それを私たちが他の人々に分け与えるためです。もう今のうちから日常生活を通じて、そしてやがては御国においても、私たちがいただいている霊の豊かさを、隣人に分け与えましょう。人類が神様の御許へ行くこと。これが私たちの願いです。

「神様を信頼しよう。あなたを祝福してくださいます!」この約束を、私たちは自分の意志で守り、さらにこれを、自分の子孫や隣人に伝えます。

愛する兄弟姉妹の皆さん、さらに私たちは、自分の意志でこの祝福を理解し、そ…


4 months ago | nac news in Japan (English)

光は夜に映える

いよいよ受難節もクライマックスを迎えます。受難週は、イエス様の復活という、イースターの大勝利をもって幕を閉じます。ただその前に、十字架の刑があります。

教会暦の中で、最も興奮し、最も感動し、最も多くの行事のある時期です。キリスト教徒は、固唾をのんでこの時期を迎えます。イースターの朝、神様に賛美の歌を歌う前に、まず主と一緒に涙を流すことになります。イエス様の最期が待ち受けているからです。キリストの受難と主の復活は、四月の礼拝の基本テーマであります。受難とは、苦しみと死を意味します。復活とは、希望と喜びを意味します。

聖餐における交わり

棕櫚の聖日を迎える前から、私たちは主の晩餐を記念します。四月最初の日曜日、主との交わりが持つ意味をしっかり考えます。イエス様は、使徒たちを一堂に会して、過越祭を祝い、その食事をし、エジプトの捕虜となっていたイスラエルの人々が解放されたことを記念されました。イエス様は…


4 months ago | nac news in Japan (English)

自分の発言が自分を裏切る時

イエス様は逮捕され、最高法院に出廷させられましたペトロは屋敷の中庭で待っていました。すると一人の女中が、ペトロがイエス様と一緒にいた人物であることに気づきました。聖書によれば、ペトロは自分に発言によって、自らを裏切ったのです。私たちの発言はどうでしょうか。

「私たちの発言を通して、霊の富を証しする必要があります。」ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、このように述べ、ガーナのケープコーストにある教会の会衆を奨励しました。2019年1月27日に行われた礼拝の説教は、基調聖句としてルカによる福音書6章45節が引用されました。「善い人はその心の良い倉から良い物を出し、悪い人は悪い倉から悪い物を出す。およそ心から溢れ出ることを、口は語るのである。」

これは、格言としてしばしば用いられ、よく耳にします。こんにちの教会にとっては、私たちの語る発言が霊の富を反映したものでなければならない、というのが、この御…


4 months ago | nac news in Japan (English)

4月の礼拝予定

4日(木)         週中礼拝(20:00~多摩教会)

7日(日)         日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)

11日(木)       週中礼拝(20:00~多摩教会)

14日(日)      棕櫚の聖日記念礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)

※多摩教会は礼拝後、清掃及び聖歌隊練習。

18日(木)      礼拝なし

19日(金)      聖金曜日記念礼拝(20:00~多摩教会)

21日(日)      イースター<復活祭>記念礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)

※多摩教会は礼拝後、祝会。

25日(木)      週中礼拝(20:00~多摩教会)

28日(日)       日曜礼拝(10:30~多摩教会、松山教会)


4 months ago | nac news in Japan (English)

富が増し加わる

ドイツのミヒャエル・エーリヒ教区使徒は、今年の標語について、新たに三つの考え方を提示し、どうすればキリストにある豊かさを育むことができるかを教えております。

霊的な豊かさは、部分的に安全になりつつあります。日常生活において、ある意味での安心を与えるものは、何でしょうか。それは例えば、平和に暮らせることであったり、強力な集団に属していたり、人から約束されたことに頼れることであったりします。

これを霊的なことに置き換えてみましょう。

  • 平和の君であるイエス・キリストは、使徒たちに平和をお与えになりました。こんにちキリストから遣わされている使徒を受け入れるならば、真の平和を見出すことができます。キリストの平和は、罪の赦しの後と、祝祷の間に、私たちに与えられます。私たちはキリストを無条件に従い、確信をもって主を仰ぎ、自らを永遠に主に委ねることを、繰り返し決意します。すると、私たちも平和を感じ取ることができ…

4 months ago | nac news in Japan (English)

信頼できる源(みなもと)から来る真理

一つの聖句、三つのたとえ、たくさんの泉、一つの循環。確かに、お祝いに不足はあり得ません。主使徒の礼拝から、様々な考えを、不足なく豊富に得ることができます。

2019年1月20日ドイツのヴィースバーデンで行われた礼拝では、ヨシュア記15章19節が引用されました。「彼女は『お祝いをいただきたいのです。私にネゲブの地をくださったのですから、泉もください』と言った。カレブは上(かみ)の泉と下(しも)の泉を彼女に与えた。」

ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、神様の祝福を、この話にたとえました。神様は祝福の泉を、私たちにお与えになります。上の泉と下の泉をお与えになります。では実際に、祝福とは何でしょうか。神様の祝福とは、私たちに提供していただく救いのことであります。神様の祝福は、永遠の生命に結びつくすべてのものなのです。

上の泉

上の泉―天からもたらされる救いの源―とは、イエス・キリストであります。キリス…


4 months ago | nac news in Japan (English)

エデンの園から:愛は意志を解放する

兄弟殺しは、必ずしも流血を伴うわけではありません。カインとアベルの間で起きたようなことは、今も毎日起きています。そしてこの話は、読者一人ひとりに、ある一つのことを問いかけています。

カインとアベルは、年代的にアダムとエバの後に登場する人物というだけではありません。実は、このカインとアベルの話は、二度目の堕罪と捉えるべきなのです。彼らの両親の時は、人と神様との関係が問題でしたが、この兄弟の時は、人と人との関係が問題となったのです。

創世記の3章と4章は、構造的に二つの対比を考えることができます。つまり、神様はアダムに、「どこにいるのか」と尋ねられた一方で、カインには「お前の弟アベルは、どこにいるのか」とお尋ねになっております。そして、アダムとエバがエデンの園を追放されたのに対して、カインも追放されて、ノドの地に移り住みました。不安定で先の読めない生活を送ることになったのです。

区別する権利

エバは区…


4 months ago | nac news in Japan (English)

Rich in Christ: The Values


5 months ago | nac news in Japan (English)

« First page | Back | 1 | 2 | 3 | Next | » Last page | 47 Entries