News

「朝になるのを押しとどめることはできません」

真っ暗な夜、朝はまだ先、という状況でも、私たちの希望を持ち続けるためにはどうすればよいでしょうか。二人の人物がそれを教えてくれています。二人は、希望の実現を体験しました。私たちは彼らから、多くのことを学ぶことができます。

「私は主を望みます。私の魂は望みます。主の言葉を待ち望みます。私の魂はわが主を待ち望みます/夜回りが朝を、夜回りが朝を待つにも増して。」(詩130:5-6)。ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、この有名な聖句を、2018年12月16日にドイツのベルリンで行われた礼拝で引用しました。

 

冒頭に、主使徒は、シメオンとアンナという、二人の模範的人物を挙げました。約束されていたメシアの来臨を、多くのユダヤ人が信じていたことは確かでしょう。しかしシメオンとアンナは、約束が成就したことを証言し、救い主であることを悟りました。神様が贖い主をお遣わしになることを信じていただけでなく、毎日毎…


3 days ago | nac news in Japan (English)

一人よりみんなで

グループの中で、お互いのことを知ろうとするときに、メンバーの長所と短所を指摘し合う、ということがよく行われます。

隣人の特徴を見つけることは、易しくありません。指紋も、一人ひとりみんな違います。忍耐強い、聞き上手、同情してくれる、という長所がある人もいますし、強情、傲慢、といった短所がある人もいます。いろいろな性格を少しずつ持ち合わせているために、これといった特徴が見つからない、という人もいるでしょう。

隣人の特徴を見つけることは、易しくありません。指紋も、一人ひとりみんな違います。忍耐強い、聞き上手、同情してくれる、という長所がある人もいますし、強情、傲慢、といった短所がある人もいます。いろいろな性格を少しずつ持ち合わせているために、これといった特徴が見つからない、という人もいるでしょう。

イエス様とはどういうお方なのか、ということを、人々はよく知りたがります。「イエス様は神の御子です。」キリ…


8 days ago | nac news in Japan (English)

マリアに倣(なら)おう

イエス様の母親であったマリアは、非常にすばらしい女性でした。こんにちに至るまで、彼女は、信仰によって活気づく教会の象徴とされています。教会は、マリアのように、信仰が明るく輝くところでなければいけません。

2018年12月中旬、主使徒は、南アフリカのプレトリアを訪問しました。説教は、待降節の時期ということで、エリサベトとマリアという二人の女性の出会いが取り上げられました。この二人の女性は、どちらも有名な子を妊娠していて、どちらも天使と出会い、どちらも非常に敬虔でした。「私の主のお母様が私のところに来てくださるとは、何ということでしょう。あなたの挨拶のお声を私が耳にしたとき、胎内の子が喜び躍りました。主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう」(ルカ1:43-45)。

 

キリスト者になったのは偶然ではない

マリアはキリスト教会の象徴とされており、私たちすべてにとって、紛れもな…


9 days ago | nac news in Japan (English)

口先より行動

口で「愛していますよ」と言っているだけではなく、具体的なこと、必要とされていることを実践しましょう。主使徒の礼拝よりの所感です。

 

2018年11月、ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は東南アジアを訪問しました。最後の一週間は、インドネシアに滞在し、いくつかの礼拝を司式し、指導的役割を担う教役者との会議を行いました。11月25日の日曜日は、バンドン(インドネシア・ジャワ州)にある教会で、礼拝を司式しました。この礼拝はインドネシア全土に中継されました。基調聖句は、マタイによる福音書25章40節です、「そこで、王は答える、『よく言っておく。この最も小さな者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである。』」

 

キリストの再臨を待望して

「イエス・キリストの再臨に、魂を備えたいと思います。私たちが礼拝に出席する主な理由は、これです。」主使徒は礼拝の冒頭に、このように述べました。キリストに忠実であり続ける…


2 weeks ago | nac news in Japan (English)

力と美しさを備えた神の御言葉

生きていて、力があり、鋭く、刺し通す。神様の御言葉は驚きにあふれています。そしてこのことを、聖書の一節一節が如実に示しています。今回の主使徒の礼拝では、ちょっとした言語学が展開されました。

「今回の聖句は、神様の言葉を、非常に包括的で美しく表現しています。」ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、2018年11月22日、ボルネオ島(インドネシア)パランカラヤで司式した礼拝の冒頭で、このように述べました。ヘブライ人への手紙4章12節について、主使徒は述べたわけです、「神の言葉は生きていて、力があり、いかなる両刃の剣よりも鋭く、魂と霊、関節と骨髄とを切り離すまでに刺し通していて、心の思いや考えを見分けることができます。」

生きている言葉

神様の言葉は、生きています。これには三つの意義がある、と主使徒は言っています。まず、神様の言葉は【永遠の命の源泉】である、ということです。救いに与るためには、神様の…


2 weeks ago | nac news in Japan (English)

教会の目的

神様は豊かなお方です。そしてその豊かさによって、私たちに富を与えようとして下さいます。この富を構成しているのは何でしょうか。どうすればこの富を得ることができるのでしょうか。これらの問いについて、シュナイダー主使徒は、年頭の言葉の中で、「これから数週間、数ヶ月かけて考えていきます」と述べております。

人生で成功を収めたり、安定した人生が送れたりすれば、ほとんどの人は神様の必要性を感じないでしょう。それでも教会は必要なのです。なぜでしょうか。シュナイダー主使徒が明確に答えてくれます。

 

 

新使徒信条第三条に、「私は<…>、唯一で聖なる公同の使徒的教会<…>を信じます」という文言があります。これは、他教派のそれと共通する信条であります。「公同」とは、「社会一般」「公共」という意味です。

すべてに奉仕する教会
キリスト教会の持つ公同性は三つの考え方に基づいている、と主使徒は説明しています。

  • 神様は、すべての…

3 weeks ago | nac news in Japan (English)

Our 2019 motto: Rich in Christ

Our 2019 motto: Rich in Christ

祝福の新年を迎えて――2019年標語「キリストにあって豊か」

God is rich, and He wants us to benefit from His wealth. What does this wealth consist of? How can we acquire it? These are the questions we will occupy ourselves with over the coming weeks and months, Chief Apostle Jean-Luc Schneider says in his New Year message.

神様は豊かなお方です。そしてその豊かさによって、私たちに富を与えようとして下さいます。この富を構成しているのは何でしょうか。どうすればこの富を得ることが…


5 weeks ago | nac news in Japan (English)

Don’t give up on the promise

Don’t give up on the promise

諦めないで

 

Can people forget the training and education they have had? It seems impossible. What about their faith? Chief Apostle Jean-Luc Schneider reminds us of our calling, the promise, and our duty.

訓練されたこと、教育されたことを、忘れられるでしょうか。忘れられないと思います。信仰についてはどうでしょうか。私たちに与えられている召命、約束、務めを、シュナイダー主使徒が私たちに再確認しております。

昨年9月18日、フランスのメルルバックで司式した礼拝の中で、主使徒は次のように説いております。

“Pass this promise on, pass…


5 weeks ago | nac news in Japan (English)

With Jesus Christ you will win all battles

With Jesus Christ you will win all battles

キリストと共にあるならば、すべての戦いに勝利するでしょう

 

The District Church Western Pacific has a new District Apostle, Peter Schulte. On Sunday, 30 September 2018, Chief Apostle Jean-Luc Schneider appointed him as the new Church leader in a divine service in Brisbane (Australia).

西太平洋教区に、新しい教区使徒、ピーター・シュルテ師が任職しました。2018年9月30日の日曜日、オーストラリア・ブリスベンで行われた礼拝において、シュナイダー主使徒は、シュルテ師を新たな教会指導者に指名しま…


5 weeks ago | nac news in Japan (English)

A blessing for the global Church

“A blessing for the global Church”
「世界中の教会にとって祝福となった」

 

District Apostle Urs Hebeisen (South-East Asia) has retired after 36 years in the Apostle ministry. When Chief Apostle Jean-Luc Schneider said goodbye to him, he summed up his work in three attributes: passion, love, and trust in God.

ヘーバイセン教区使徒(東南アジア教区)は、36年にわたる使徒としての職務を引退しました。シュナイダー主使徒は、送辞の中で、これまでのヘーバイセン教区使徒の働きについて、三つの特色を挙げました。それは、「情熱」「愛」「神への信頼…


5 weeks ago | nac news in Japan (English)

A blessed NEW YEAR of Grace, RICH IN CHRIST

The Chief Apostle addresses the faithful world-wide with a personal New Year’s address. “Rich in Christ” is the motto for the year 2019 and the message of our Chief Apostle explores the wealth we have received through our faith in Jesus Christ. It is a wealth that we both treasure and share with our neighbour in word and deed. HAPPY NEW YEAR

 


6 weeks ago | nac news in Japan (English)

New chapter, same book

with these words the Chief Apostle relieved tonight in Hong Kong the DA Urs Hebeisen from his responsibility to care for the countries Japan, Korea, Taiwan, Macao and HongKong and entrusted this area to DAH Peter Schulte who will be appointed District Apostle in Brisbane coming Sunday. The new chapter written now is titled WESTERN PACIFIC, the new name for the DA Area Australia. The multinational…


4 months ago | nac news in Japan (English) | 1 members like it

« First page | Back | 1 | Next | » Last page | 14 Entries